美容雑誌に書いてあることを鵜呑みにするのは危険!

整形外科とは異なって美容外科が欠損や損壊のない健康な身体に外科的な侵襲を付加するという美意識重視の行為なのに、結局は安全への意識が足りなかったことが大きな元凶なのだろう。
スカルプケアの主要な目指すところは健康的な毛髪をキープすることです。毛髪に潤いがなくまとまりにくくなったり抜け毛が目立ち始めるなど、たくさんの方が髪の毛のトラブルを抱えています。
美白(びはく)という概念は90年代後半に美容研究家の鈴木その子の活躍とともに人気になったのは記憶に新しいが、それより前からメラニン色素による様々なトラブル対策の言葉として用いられていた。
思春期は終わっているのに出現する難治性の“大人のニキビ”の社会人が増加傾向にある。10年という長期間しつこい大人のニキビに苦痛を感じている多くの女性が評判の良いクリニックにやってきている。
スカルプケアの主なねらいは健やかな髪の毛を保つことです。毛髪の水分が失われてパサパサしてブローしにくくなったり抜け毛が増加するなど、多数の方が髪の毛の困り事を持っています。

美容雑誌でリンパの滞留の代表格のように掲載されている「むくみ」には2つに大別すると、体に病気が潜んでいる浮腫と、特に健康に問題のない人でも起こる浮腫があるのだ。
肌の奥深くで生まれた肌細胞はじわじわと皮膚の表面へと移動し、結果的には皮膚の表面の角質となって、約28日経てば自然にはがれ落ちます。この仕組みこそが新陳代謝の正体です。
例を挙げるなら…今、PCを見つめながら頬杖をついていますか?このクセは掌の力を全開で頬へ当てて、皮膚に負荷をかけることになるのです。
最近よく聞くデトックスとは、身体の中に蓄積された色々な毒素を体外に出させることに主眼を置いた健康法で美容法というよりも代替医療に区分けされる。「取り除く」という意味を持つ「detoxification」の短縮形だということはあまり知られていない。
強い紫外線を浴びたときになるべく肌のダメージを抑える方法は3つ。1.日焼けして赤くなっているところを冷却する2.ふんだんにローションをはたいてしっかりと保湿3.シミにさせないためにも表皮をむいては絶対に駄目

美容の雑誌や本には、顔が小さくなって肌がきれいになり、痩せる、デトックスできる、免疫の向上などなど、リンパを流してしまえばみんなうまくいく!という華やかなフレーズが軒を連ねている。
日本皮膚科学会の判断指標は、①強い掻痒感、②特徴的な発疹とその配置、③慢性で反復性もある経過、3つとも当てはまる病気をアトピー(atopic dermatitis)と言っています。
且つ、皮膚のたるみに大きく結びついているのが表情筋。喜怒哀楽の様々な表情を生み出す顔にある筋肉のことです。皮膚の真皮に存在するコラーゲンと同じように、この筋力も加齢にともなって鈍化するのです。
美容外科(Cosmetic Surgery)は、人間の体の機能上の欠損や変形を修正することよりも、もっぱら美的感覚に基づく人の身体の外見の改善を目指すという医学の一種であり、完全に独立した標榜科目である。
ドライスキンというのは、皮膚に含まれるセラミドと皮脂分泌の量が標準よりも縮小することで、お肌にある潤いが蒸発し、表面の角質層がパリパリに乾いてしまう症状を指します。